いちご鼻の治し方をチェックする

いちご鼻で悩んでいませんか?
街でいちご鼻の人を見かけると、自分はあのようにはなりたくないと思いますね。
ここでいちご鼻の原因と治し方をみることにします。

 

いちご鼻になる原因

いちご鼻になる原因はすべて毛穴が関係しています。
すなわち毛穴が汚れや皮脂で詰まった状態、それが酸化して黒ずみができること、
そして肌の乾燥とともに皮脂で毛穴が開くことです。

 

 

いちご鼻の治し方

いちご鼻を改善し、治すためには、このような毛穴のトラブルを解決することです。
ひどいいちご鼻は皮膚科でケミカルピーリング治療を受けましょう。
これは手術ではなく、古い角質や毛穴に詰まった汚れを溶かす治療方法で、
皮膚をはがしますが6〜7回の治療でいちご鼻が改善されます。

 

またレーザー治療は皮膚にあるメラニン色素に反応するレーザーで
古い角栓や角質を除去する治療です。
この場合、肌に必要なコラーゲンが生成しやすくなるフラクショナルレーザーは
効果が高いようです。

 

さらに肌にはビタミンAが必要ですから、ビタミンEと一緒に摂取する方法があります。
ちなみに妊娠中はビタミンAの代わりにβ-カロテンが良いでしょう。
ほかには美白効果のビタミンCや、肌の代謝機能を高めるプラセンタの
サプリメントも効果的ですから医師と相談しましょう。

 

 

いちご鼻にならないケア

皮膚科でいちご鼻をしても、またいちご鼻になるのでは意味がありません。
いちご鼻ならないためには生活習慣を見直すことが大切です。
すなわち、食事を含めて規則正しい生活サイクルを持続すること、
運動をすることとストレスを溜めないことなどが大切になります。

 

皮膚科が勧めるいちご鼻の対策

いちご鼻は自分で何とかしようとしてもどうにもならなくなることがあります。
そうなると皮膚科での治療を受けことがベターですが、
ここで皮膚科や美容皮膚科でのいちご鼻の対策治療方を紹介します。

 

ケミカルピーリングでの対策

ケミカルピーリングは古い角質や毛穴に詰まった汚れを薬品で溶かす方法です。
炎症を起こしたニキビの治療に多く用いられますが、いちご鼻にも適用されます。
具体的には皮膚をはがす方法で、たとえば10日おきに6回の治療などで効果があります。

 

レーザー治療での対策

レーザー治療はいくつかの種類があり、皮膚科で使われるのは
皮膚のメラニン色素に反応するレーザー光線です。
具体的にはレーザーを治療箇所に照射してメラニン色素を破壊します。

 

この方法ではコラーゲンの再生を促す作用があるので、肌にハリがでて、
毛穴が目立たなくなる効果があるとのことです。
ちなみにレーザーの中でも、フラクショナルレーザーは効果が高いようです。

 

サプリメント・化粧品での対策

肌をきれいに保つ成分には脂溶性のビタミンAがあり、
同じく脂溶性のビタミンEと一緒に摂取するとより高い効果を得ることができます。
ただし妊娠中の女性はビタミンAの過剰摂取はNGなので、代わりにβ-カロテンを摂りましょう。

 

また、美白効果のあるビタミンCや、代謝を高めるプラセンタのサプリメントも
効果がありますが、医師に相談してからのほうがいいでしょう。

 

なおピーリングやレーザー治療などは保険適応外であることを念のためお伝えしておきます。
もちろん化粧品はビタミンAやビタミンCが含まれたものを使うようにします。

 

いちご鼻の再発防止も大切

皮膚科でいちご鼻を治しても再発したのでは治療の意味がありません。
いちご鼻を再発させないためには正しい生活習慣が何より大切です。

 

すなわち規則正しい生活を送ることとバランスの良い食事を摂取し、
脂肪分の多い食事や加工品さらには刺激の強い食べ物は避けることが大切です。

 

またタバコやアルコールは控えて、毎日適度な運動をして、
ストレスを溜めこまないようにすることも必要です。
イチゴ鼻を治すには全部を一度にできなくても構いませんからできることから即実行しましょう。

 

更新履歴